2017年4月13日木曜日

テレビアンテナの無線化はできる?

最近、Pnanasonicが配線不要の無線テレビ、プライベート・ビエラというテレビを売り出している。
●パナソニック 19V型 ポータブル液晶テレビ プライベート・ビエラ ブラック UN-19F6-K
これはアンテナはどうしてるんだろう?

調べてみたら、テレビ電波を無線化することは電波法の問題で禁止だそうだ!
プライベート・ビエラはチューナーとモニターが分離している。
チューナーまでを有線ケーブルで接続して、チューナーから映像音声データをモニターへWi-Fiで電波を飛ばしているという訳でした。
これでモニターだけを自由に移動できる。

テレビはあるので無線チューナーはあるかと探してみました。
●DXアンテナ DXメディアコンセント(スマホ・タブレットでテレビ) DMC10F1
これは壁のF型アンテナコンセントに直接取り付けることで、受信しているテレビ放送をWi-Fiで飛ばし、アクセスポイント経由でパソコンやスマートフォンを使って家のどこからでも視聴できるという製品です。
その他にもたくさんありました。
●I-O DATA テレビチューナー搭載 無線LANルーター【WiiU 動作確認済】 WN-G300TVGR
●ピクセラ 裏録対応 iOS/Android/Windows向け ワイヤレス テレビチューナー PIX-BR310W


2017年4月8日土曜日

Leicaが欲しい!

Leica M10

カメラの最高峰ライカが欲しい!
と思いながら本物は手が出ず似たものを追っかけている。

RICHO DC-1S

2009年の歴史的カメラ10機種に選定された RICHO DC-1 の改良機 DC-1S、当時、ぜんぜん似てないけどこの高級感がデジカメのライカと言われた。

JCII 日本カメラ財団が2009年の「歴史的カメラ」10機種を選定
http://www.jcii-cameramuseum.jp/museum/historicalc/2009.html

RICHOも高級機がつくれるんだ!
中古でたったの9,800円で購入

●撮影素子 1/3インチ 41万画素(有効38万画素)
●レンズ f7.1~f21.3mm(3倍ズーム)F:2.8、4群9枚
●シャッター 静止画 1/8~1/500(メカ)
●動画 1/60~1/100(CCD)
●フォーカス 位相差・三角測量方式
●露出調節 TTL CCD測光方式
●撮影範囲 オートフォーカス:約40cm~無限大
●マニュアルフォーカス:約1cm~約30cm
●広角:近距離、望遠:遠距離方向に合焦
●ホワイトバランス オート
●ストロボ 固定式、GNo.10、発光間隔4.5秒以下
●ストロボ撮影距離 約5m(強制発光時1.1~1.8m)
●ファインダー 実像式ズームファインダー
●バッテリー NiCdスリム3個(48mm×6.1mm×17mm)
●外形寸法 135mm(幅)×22mm(高)×76mm(奥)
●重さ 約255g(バッテリー含まず)

Leitz minolta CL

基本設計ライツ、製造ミノルタのコンパクトライカ、これで充分だ!
独製のライカCLと同型の距離計連動、Mマウント機、レンズ交換とファインダーサイズが連動、一眼レフのようなTTL連動露出計が内臓されている。

●発売;1973~1976年
●型式;35mmレンジファインダーカメラ
●レンズ;M-ROKKOR QF 40mm F2 4群6枚、ガウスタイプ、絞り羽根12枚、直進式ヘリコイド
●シャッター;フォーカルプレーン、機械式布幕縦走り、Xシンクロ付き1/60
●シャッター速度;1/1000・1/500・1/250・1/125・1/60・1/15・1/8・1/4・1/2・B
●ファインダー;ブライトフレーム式距離計連動、ファインダー倍率0.6倍、パララックス自動補正、40mm(常時表示)/50mm/90mmフレーム(自動切替)、シャッター速度表示(指針式)、露出計表示(定点式)、距離計基線長31.5mm
●レンズマウント;ライカMマウント(装着不可レンズあり)
●露出モード;マニュアル
●測光方式;TTLスポット測光、Cds受光素子、感度設定 ASA(DIN)25~1600
●撮影フィルム;35mmフィルム(コダックNo135)
●画面サイズ;24×36mm
●サイズ・重量;W121×H78×D54(40/2レンズ付き)、498g(40/2レンズ付き)
●電源;HD型×1
●その他;裏蓋着脱式、レバー巻き上げ1回(分割巻き上げ不可)、巻き上げレバーは露出計スイッチ兼用、レバー式巻き戻し、ホットシュー付き
●発売時価格;95,000円(40/2レンズ ケース フード付き)

これで満足してたんだけど、これはフィルムカメラだ!
今の時代デジタルでないと・・・ だけど今のデジタルカメラは好きになれない!
クラシックカメラの質感の中にCCDを内蔵したい!
液晶ファインダーは不要だ!

それを実現しそうなニュースが出て久しい。
フィルムカートリッジ型デジタルアダプターを待望している。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/article/980918/p_kina2.htm
早くしてくれないと手持ちのクラシックカメラが次々と動作不良になってしまう!

FUJIFILM X100シリーズ

LEICA M9似のFUJIFILM X100が出た! これはいいと思いながら高くて買えずにいるうちに4代目になってしまった。
レンジファインダー型でスタイルはライカ似の単焦点レンズ固定式カメラ、 特徴は光学ファインダーとEVFファインダーが切替可能なハイブリッドファインダーの搭載だ!
撮影機能には拘らない、格好に惚れてるのでどれでもいいのだ!
中古が安くなっているし、そろそろ買い時かな?
X100 X100Second X100Third X100Fourth
2011.03.05 2013.02.23 2014.11.15 2017.02.23
APS-C APS-C APS-C APS-C
1230万画素 1630万画素 1630万画素 2430万画素
35mm
最短10cm
35mm
最短10cm
35mm
最短10cm
35mm
最短10cm
OVF
EVF144万ドット
OVF
EVF236万ドット
OVF
EVF236万ドット
OVF
EVF236万ドット
モニター
2.8インチ46万ドット
モニター
2.8インチ46万ドット
モニター
3インチ104万ドット
モニター
3インチ104万ドット
サイズ
126.5x74.8x53.9㎜
405g
サイズ
126.5x74.4x53.9㎜
405g
サイズ
126.5x74.4x52.4㎜
400g
サイズ
126.5x74.4x52.4㎜
419g
Wi-Fi Wi-Fi - -
バッテリー
NP-95
バッテリー
NP-95
バッテリー
NP-95
バッテリー
NP-W126S

2017年4月5日水曜日

GIFアニメ画像の貼り付け方法

1.ホームページへの貼り付け

ホームページへの貼り付けはサーバーLacoocanで画像の貼り付けと同じで動作した。
img src="http://ave.la.coocan.jp/izumi/yamatesen/yamatesen.gif"

2.ブログへの貼り付け

通常のブログ、たとえばココログなどはHTMLで<iframe>で動作する。
<iframe frameborder="0" height="600" scrolling="no" src="http://ave.la.coocan.jp/izumi/yamatesen/yamatesen.gif" width="600"> </iframe>

ところがこのブログはGoogleのBloggerなのだ!
Googleは最近、SSL非対応のhttpサイトを貼れなくなったのかな?
自分が使っているLacoocanはSSL非対応なのでOneDriveの公開からリンクを貼ってみた。
<iframe frameborder="0" height="600" scrolling="no" src="https://1drv.ms/i/s!AnT_-6No5vLRgeRN4DgcLFOeThzGEA" width="600"> </iframe>
すると下記のエラーが、OneDriveがフレームに対応してないということだ!
対処方法の「このコンテンツを新しいウィンドウで開く」をクリックすれば表示される。
これでよしとしましょう!
と思っていたら・・・

なんと!Bloggerでは「画像の挿入」で動作しました。
ココログなど通常のブログは「画像の挿入」では静止画になってしまいます。

3.Facebookへの貼り付け

次に、FacebookがGIFアニメ画像に対応したとのことでやってみた。
GIFアニメ画像ファイルをFacebookのカメラアイコンから画像挿入、これだと静止画になってしまう
FacebookはHTMLが使えないので<iframe>では駄目なのだ!
それではと、その画像のリンクをFacebookのメッセージ欄に
http://ave.la.coocan.jp/izumi/yamatesen/yamatesen.gif
を貼り付けると自動的にGIFアニメが動き出した。

2017年4月4日火曜日

Google AdSenseとAmazon Affiliate


最近ブログをやっている人は、AdSenseか、Affiliateのいずれかを、もしくは両方をやっているようだ!
いずれもGoogleやAmazonが提供する広告を自分のブログに貼って報酬を得る仕組だ!
先ず、両者の違いは何か?

Google AdSenseは広告をクリックで報酬が発生する。
検索回数を稼ぐのが目的だからでしょう。

一方のAmazon Affiliateはクリックしてその商品が購入されたら報酬が発生する。
商品が売れるのが目的だからですね!

両方とも審査があって合格するにはなかなか厳しい。
自分はamazon Affiliateには初期の頃に申請したので簡単に入れたが、今回Google AdSenseに申請しているが却下の連続だ!
今まで覚書として書いていたココログをGoogle Bloggerに移行したのだが、日記風では駄目で少なくとも1,000文字以上の論文にしなければ駄目なようだ!


1.ココログからBloggerへ移行(2017年2月24日金曜日)

AdSenseがやりたくて
今日で@nifty接続会員向けのココログ、長年お世話になったがさよなら
AdSenseを無料でやれるブログはBloggerしかないのだ!

移行方法は
1.ココログデータをエクスポート
ココログの[設定]→[管理]→[読み込み/書き出し]から
書き出しの[書き出し(IPv6対応):がらくた研究室]を右クリックして[対象をファイルに保存]でpost.txtが作られる
2.MovableTypeからxmlに変換
syasudaツールでMovableTypeからエクスポートしたファイル(テキスト)を、Bloggerにインポートできるxmlに変換する
参照からpost.txtを選択してアップロードが終わると[ダウンロード]ボタンが表示されるので右クリックして[対象をファイルの保存]でtempDmyuji.xmlが作られる
3.Bloggerにインポート
Bloggerの[設定]→[その他]→[コンテンツをインポート]から
[私はロボットではありません]にチェックを入れて[パソコンからインポート]ボタンをクリックしてtempDmyuji.xmlを選択するとインポートが始まり、自動的に終了する


2.BloggerからAdSenseに申し込めない(2017年2月26日日曜日)

折角、ココログからBloggerに移行したのにAdSenseに申し込めない!

初め、ダッシュボードの[収益]ボタンを押して[AdSense]画面を見ると
「現在、あなたのブログには AdSense に登録されていません」
とあるが下に[AdSenseの利用条件]ボタンがあるので押して[AdSenseの利用条件]→[メールアドレス]→[AdSense へようこそ]画面で

・ウェブサイト:http://garaken.blogspot.jp/(http://garaken.blogspot.com/)
・コンテンツの言語:日本語
を入力して[保存して次へ]ボタンを押したらエラー!
「blogger.comから直接AdSenseに登録して下さい」

どうもBloggerの場合は[収益]を押すと 「Blogger+AdSense」画面が表示されるようだ!
この画面にならないのはBloggerを開設したばかり下記条件を満たしていないため?
・ページ数が少ない
・各ページのボリュームが少ない
・アクセス数が少ない
・運営期間が短い
もう少し、待ってみよう!


3.ようやくAdSense申請画面が表示された!(2017年2月28日火曜日)

ココログからBloggerに移行して6日目、待望のAdSense申請画面が表示された!
AdSenseに登録ボタンを押して申請を送信したら今度は承認待ち・・・

「ご使用の AdSense アカウントは承認待ちの状態です。」
---------------------------------------------------
数時間後
「ご使用の AdSense アカウントは承認待ちの状態です。」が消えたので喜び勇んで[ブログ上に広告を掲載]はいにチェックを入れて[設定を保存]ボタンを押してもこれ以降に進まない。
[AdSense にアクセスして収益の詳細情報を確認する]をクリックして見たら
「お客様のサイトをリンクする手続きを行っています。 」
「サイトの審査には最大で 3 日間かかります。審査が完了次第、メールでお知らせいたします。」
あ~、メールが来るようだ!


4.AdSense:残念ながら最初のお申し込みは承認できませんでした(2017年3月1日水曜日)

承認通知メールは未だ来ないけど収益画面を見たら

「サイト運営者 ID ca-pub-xxxxxxxxxxxxxxxx に関連付けられたアカウントは無効になっています。」







「AdSense にアクセスして収益の詳細情報を確認する」で見ると

「・・・残念ながら最初のお申し込みは承認できませんでした。
・・・不承認をお知らせしたメールに記載された問題点を解消してください。」
「承認済みの同じ AdSense アカウントが存在するという理由でお申し込みが不承認となった場合は、改めてお申し込みいただく前に、既存の同じアカウントを閉鎖してください。」
「お客様のサイトが AdSense プログラム ポリシーに準拠していないという理由でお申し込みが不承認となった場合は、改めてお申し込みいただく前に、サイトの問題を解消してください。」
---------------------------------------------------------------------
AdSenseからメールは未だ来ないし、上記のいずれにも該当しないので、もう一度申請してみたら
「ご使用の AdSense アカウントは承認待ちの状態です。」
「お客様のサイトをリンクする手続きを行っています。」
「サイトの審査には最大で 3 日間かかります。審査が完了次第、メールでお知らせいたします。」
になった。
前回は待てずに触り過ぎた。
今度はじっと待ってみることにする。


5.AdSense:再び不承認! (2017年3月3日金曜日)

また、AdSenseではねられた!
何が悪いか?
メールも来ない!
まだ、申請段階だからだろうか?
どうもポリシー違反のようで報酬プログラムを提供するページがあると駄目?
このブログにはココログ時代から「Amazonアソシエイト・プログラム」がある。
調べてみるとGoogle AdSenseとの共存はOKだがプライバシーポリシーの明記が必要なようだ。
ということで下記を本サイトに追加して再申請した。
プライバシーポリシー
Google AdSense
当サイトは広告サービス「Google AdSense グーグルアドセンス」を使用しています。
Google AdSenseはユーザーの興味に応じた広告を配信するためにCookieを利用しデータを収集しています。
Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 ポリシーと規約 Google」をご覧ください。
Amazonアソシエイト・プログラム
「がらくた研究室」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


6.AdSense申請、3度目不承認(2017年3月9日木曜日)

AdSenseの申請がまたまた不承認だ!
うーん、何がいけないんだろう?

気になるのがひとつ、プライバシーポリシーの設置を末尾フッターから外部リンクを貼ったことが・・・
AdSense審査はロボットがやっているということなので外部まで見切れないかもしれない。

今回はAdSenseのページを使って掲載してもう一度、挑戦だ!


7.AdSense申請、4度目の不承認!(2017年3月11日土曜日:)

4度目の不承認、もう、心当たりがない、ギブアップだ!AdSenseヘルプフォーラムに助けを求めた。

AdSense申請、不承認のお知らせメール来ない!


8.AdSenseヘルプフォーラムから回答(2017年3月12日日曜日)

AdSenseヘルプフォーラムのChico Mさんから回答を頂いた。
AdSense対応にするには、日記風は駄目ってことだ!論文?形式、一記事1,000文字以上が目安とのこと。
何処かに書いてあったけど記事数が多いからいいだろうと、完全に無視していた。

以上を踏まえて日記風を書き直すことにする。

2017年4月3日月曜日

jarからjavaへ逆コンパイル

本書込、人気が高かったが肝心のJad.exeとnative2ascii.exeがnot foundになっていたので改定する。
パソコン移行時にケータイアプリのソースプログラムをなくしてしまった。
あるのは公開のためにアップロードしているjarファイルである。

実はjarファイルを逆コンパイルしてjavaソースを生成出来るのだ!

1.***.jarは***.classをzip圧縮したものなので拡張子を変更して***.zipにして解凍すれば***.classファイルが生成される。

2.フリーソフトjad.exeを「JAD Java Decompiler Download Mirror」からダウンロードして
>jad.exe ***.class
を実行すると***.jad(java)が生成される。

3.生成された***.jadは日本語がunicodeなので「ネイティブコードからUnicodeへ変換(native2ascii)」からnative2ascii.exeをダウンロードして
>native2ascii.exe -reverse ***.jad ***.java
を実行すると***.javaが生成される。

生成されたソースはデータ名は機械的につけられているが、ロジックは完全に復元されている。

2017年3月30日木曜日

EdgeをInternetExproler風に

Win10の推奨ブラウザはEdgeですが、IEに慣れている人には使い難い。
Edgeで不足している機能はカスタマイズしてみた。

1.お気に入り
お気に入りって何処?
(1)[お気に入り]を見るには画面右上の[三]→[☆]
(2)登録は右上の[☆]→[☆]→[追加]
(3)削除は[お気に入り]を開いて削除したいメニューを右クリック[削除]

2.起動時に開くページを設定する方法
Edgeを起動した時に最初に開くページのことです。
(1)右肩の{・・・}をクリック
(2) [設定]をクリック
(3)設定画面の[特定のページ] にチェックを入れ、[▽]クリック
(4)[カスタム]をクリック
(5)[X]をクリックして既定のURLを削除
(6)起動時に開くページのURLを入力し、[+]ボタンをクリック

3.ホームページを設定する方法
ホームページは、ホームボタンをクリックすると開くページです。
初期設定ではホームボタンは非表示になっているため、表示する設定が必要です。
(1)右肩の{・・・}をクリック
(2) [設定]をクリック
(3)設定画面の[詳細設定を表示]をクリック
(4)「 [ホーム] ボタンを表示する」をオン
(5)URL入力欄と[保存] ボタンが表示されるのでホームページに設定したいページのURLを入力し、[保存] をクリック
(6)アドレスバーの横に [ホーム]ボタンが表示され、クリックすると設定したホームページが表示される。

4.検索エンジンの変更
検索エンジンはデフォルトでBingになっています。これを評判のよいGoogleに変更します
(1)予めGoogle検索画面を表示して詳細設定画面の[検索エンジンの変更]クリック
(2)表示されたリストの[Google]クリック

5.HTMLのソース表示
HTMLのソースの表示はIEでは[表示]→[ソース]で開けたがその機能がない。
(1)htmlファイルを右クリック、「プログラムで開く」でメモ帳起動
(2)Edge画面上で右クリックで「ソース表示」があるがフリーズ、使えない
[CTRL]+[ALT]+[DEL]で抜ける

6.お気に入りショートカット
IEではお気に入りを開いて該当お気に入りのドラック&ドロップやコピー&ペーストでショートカットがつくれたが、Edgeではコピーがない!
もちろんドラック&ドロップも駄目だ!

Edgeではデスクトップ上で右クリック、新規作成→ショートカットでショートカット作成画面が開くのでここにurlを入力だそうだ。

2017年3月29日水曜日

Windows10便利機能

PDF作成

今までフリーソフトで作成していたPDFがWindows10標準機能で簡単に作成できるようになった。
機能はPDFをひとつのプリンターと思えばいい。
印刷するときにどのプリンターで印刷するかを選択したことがあったと思う。
それと同じにMicrosoft Print to PDFを選択すればOKだ!

Game DVR 画面録画機能

パソコン画面の操作手順を動画で録画する機能がOS標準でできるようになった。
これさえあれば教材などを動画でつくれる。
(1)先ず、動画を撮影したい画面で[Windows+G]を同時に押すと「ゲームバーを開きますか」が表示されるので「はい」にチェック
(2)すると、次のゲームバー(Game DVR)画面に切り替わるので赤丸ボタンを押すと録画開始
(3)録画中は画面右上に録画時間といくつかのボタンが表示される
(4)停止は録画時間の右隣□ボタンを押す
(5)動画はビデオ/キャプチャフォルダーに保存される

ISOマウントで仮想ドライブ

Windows10では、今までISOファイルは右クリック「ISOイメージの書き込み」でDVDを焼いていたが、もうそんなことは必要なくなった。

ISOファイルを右クリック「マウント」またはダブルクリックすればマウントされて仮想DVDデバイスが表示される。

アンマウントは仮想DVDデバイスを右クリック→取り出しで仮想DVDデバイスが消滅する。


シャットダウンボタンをタスクバーにつくる

高校時代の友達、つるちゃんからいかにも素人らしい次のような突飛な相談が舞い込んで来た。

  トリミングのアンダバーは重宝しています。
   そこでsw オフ、シャットダウンをデスクトップに出来ないですか ? 


ここでトリミングとはSnippinngu Toolのこと、アンダーバーとはタスクバーのことだと先日教えたばかりなのですぐわかった。

要は「シャットダウンボタンのショートカットをデスクトップに作りたい」とのことのようだ!
これ、Windows8の時にやった覚えがあるけど忘れたので検索したら方法が見つかった。


自分のテストを兼ねてやってみた。

意外と便利、素人の発想は恐ろしい!








その後、成功の知らせが・・・

 シャットダウン デスクトップに表示 大成功 我乍ら アッパレ ! 
        突飛な相談なのでブログに載せた はヨカッタネェ

USBの安全な取り外しワンクリックショートカットをデスクトップにつくる

なんて恐ろしいレポートがあるので「安全な取り外し」をやることにしたが結構面倒だ!

ハードウェアの安全な取り外しアプレットである「hotplug.dll」を利用するWindows 10ミニTipsがあったので真似る。

(1)デスクトップの何もないところを右クリック、「新規作成」→「ショートカット」と順にクリック
(2)ショートカットの作成画面の参照に「rundll32.exe shell32.dll,Control_RunDLL hotplug.dll」と入力し、「次へ」
(3)次の画面のテキストボックスに任意の名前「RemovalUSN」を入力し、「完了」
(4)このショートカットファイルをダブルクリックで実行すると、「ハードウェアの安全な取り外し」ダイアログが起動し、PCに接続している取り外し可能なデバイスの一覧が現れる

ついでにショートカットファイルのアイコン変更も紹介しよう。

(1)ショートカットファイルを右クリック、「プロパティ」をクリック
(2)「ショートカット」タブで、そのまま「アイコンの変更」ボタンをクリック
(3)参照に「%windir%\System32\hotplug.dll」と入力するとアイコンの一覧が表示されるので好みのアイコンを選択する

アイコン右クリック「送る」にプログラムを追加する

Windows10のアイコン右クリックの「送る」に追加するSendToの場所はWindows8.1と同じく以下にある。

C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\SendTo

AppDataフォルダは隠しフォルダですので、フォルダのメニューの「表示タブ」→「隠しファイル」にチェックを入れる。

こうすればアプリのショートカットを置けば、[アプリ起動]→[ファイル]→[開く]よりも
[ファイルを右クリック]→[送る]→[アプリ起動]の方が簡単だ!

Skypeの常駐解除

PC起動待ちの最後が常駐のSkypeだ!

SkypeはMicrosoft傘下になってから常駐するようになったようだ!

たまに使うけど常駐していると非常に邪魔、それでこれを解除することにした。

「Skypeを起動」→「ツール」→「コンピュータ起動時にSkype起動」のチェックを外す。